岩屋こども園アカンパニのブログです。保育レポートは毎日更新!日々の楽しい遊びや活動の様子をお伝えします。

岩屋こども園“アカンパニ”ってナニ?

『予感』


 『予感』

 

   作詞:室田 一樹  作曲:室田 一樹

  

 1.何かが始まる予感 新しいクレヨン
   マリンブルーがある 海へゆける
   巻貝を耳にあてて 潮騒を聞こうよ
   遠い国のこと 教えてくれる

  

   画用紙に描いた空と海が 交わる水平線
   南風 帆を張る船がゆく かもめも飛ばそう

   

   クラッシュゼリーも食べた去年の夏休み
   思い出して描いた 海の絵飾ろう

   

  2.何かが始まる予感 新しい友だち
   隣同士だね どうぞよろしく
   先生からプレゼント 冷やしたレモネード
   真夏の気分さ 麦藁帽子

   

 ※ 画用紙に描いた空と海が 交わる水平線
   南風 帆を張る船がゆく かもめも飛ばそう

   

   ふたりの水平線を ひとつにできたなら
   世界中の海は 僕らのものだね

   

 ※  印繰り返し

   僕らのものだね 僕らのものだね

 

   
 子どもは絵を描くのがだいすきです。欲しいもの、出かけたいところ、会いたい人。絵の中なら叶わないことはひとつもありません。だからでしょうか、あたらしいクレヨンや絵の具を手にすると心が弾みます。保育園の子どもたちは、ひとりで描いているようで、友だちと描いています。ひとりで描いているようで、せんせいと描いています。ひとりで描いているようで、すきな人を思いながら描いています。