岩屋こども園アカンパニのブログです。保育レポートは毎日更新!日々の楽しい遊びや活動の様子をお伝えします。

岩屋こども園“アカンパニ”ってナニ?

秋のお散歩


秋の散歩に出掛けました。この日は秋晴れの気持ちの良いお散歩日和でした。

園から出発です!

神社を通って笠原寺に向かいます。

「途中で虫を見つけたら何でも聞いてな」と虫博士の頼もしい言葉がありました。

そして笠原寺にむかう砂利道を通ると、けものの匂いが、、、。口々に「く、くさいー」

そこを抜けると奥に広かる山々の紅葉が綺麗でした。イチョウの葉は黄色く染まり、赤く色ずく葉も茂り、真っ青な青空に綺麗の一言でした。

階段を上がって上までいこう!

まるで空まで繋がっている気分です

上からみた景色は格別でした。

「街が見えるー」「ヤッホー」など園から飛び出し、外の美味しい空気を吸ってきたひとときでした。

帰りに大かまきりに出会い、虫博士がみんなに「ここにいる!」と教えてくれました。

 

*きぐみで卒園式のときに持ち帰るしいのみを植えました。

自分たちでしいのみを拾いました。そして水の入ったバケツに入れます。沈んだしいのみを土に植えます。

「浮かんだー」「沈んでる」など、実験のようで楽しかったです。

その後は杜の土をプランターに入れます。杜の土が思いのほか固くて、私がシャベルで掘り起こしていると「がんばれー」と応援の声が、、、。

ほんと、子どもたちの気持ちが嬉しくて、シャベルに力が入ります。

プランターに土を入れました

しいのみを植えます

卒園のときに持ち帰れるよう、芽が出ますように!  そして、家で大きく育ったらまた杜に植えに来てね。と子どもたちに話しました。

「これ、椎の木だよ」と話すと、「え、こんなに大きくなるの?」「すごーい」「おっきい」と改めて、杜の椎の木の大きさに驚いていた子どもたちでした。

みんなの植えたしいのみも大きく育ちますように。

 

投稿者 井尻(びわのみ)