岩屋こども園アカンパニのブログです。保育レポートは毎日更新!日々の楽しい遊びや活動の様子をお伝えします。

岩屋こども園“アカンパニ”ってナニ?

ご卒園おめでとうございます


 3月23日は30年度の卒園式でした。とても寒い日でしたが、無事に終えることができました。

皆さまご参列いただき本当にありがとうございました。

保育室に集まったこどもたちは晴れの衣装に身を包み「かわいいね」「かっこいいー」と嬉しそうでした。

  

こども園最後のあつまりです

名前を呼ばれるときには、その場に立ってもらい、みんなに素敵な姿をみてもらいました

 

杜へむけて出発

お父さん、お母さん、先生に今までで一番かっこいいところを見せに行きます

 

みんなが作った植木鉢の中には、大切な椎の木の苗、命がはいっています

先生たちの歌声の響く中、入場です

植木鉢、絵馬、卒園製作でひもろぎが美しく飾られました

 

お父さん、お母さんに見守られながら、ひとりずつ卒園証書をもらいました

とても立派になった姿を見ていると今までのことが思い出され、涙がとまりませんでした。

まっすぐ前を見るこどもたちの瞳は澄んでいて、この先どんなことがあってもこの子たちは大丈夫、そんな風に思わせてくれました。

証書をもらった後は、お父さん、お母さんと杜を一緒に歩き、いままでお世話になった先生にも立派な姿をみせてくれました。

 

園長先生のお話を聞きました

一樹園長先生からお話をきくのは今年のこどもたちが最後となりました

 

神様に卒園のごあいさつをしました。

 

最後はこころをひとつにして「しいのみのもり」を歌いました

みんなの歌声が杜に響きわたり、胸がいっぱいになりました

 

お父さん、お母さんのもとに帰り卒園式は終わりました

 

絵馬の奉納、御門での記念撮影の後、シアターアカンパニで卒園実行委員会のお母さん方が企画して下さった、素敵な卒園を祝う会がありました。1年を通していろいろと活動していただきありがとうございました。

  

毎年恒例の風船とばし、みんなと同じように大きな空へ旅立っていきました

 

とても仲が良く、誰かが困っていると自然と声をかけたり、助けたりすることができるこどもたちでした。きっとお父さん、お母さん、周りのみんなからたっぷりの愛情をもらい気にかけてもらってきたからこそ、そんな風にできるのだろうなと思います。わたしたちもこどもたちに助けてもらい、あたたかい気持ちをたくさんもらった1年でした。

至らないことばかりでしたが、ご理解、ご協力をいただき、本当にありがとうございました。

すだつぐみのみんな、ありがとう!みんなのことだいすきだよ!

投稿:あおぐみ 担任一同