岩屋こども園アカンパニのブログです。保育レポートは毎日更新!日々の楽しい遊びや活動の様子をお伝えします。

岩屋こども園“アカンパニ”ってナニ?

H30年度作品展が開催されました。


12月16日㈰にH30年度の作品展が開催されました。当日は寒い中たくさんの皆さまにお越しいただきありがとうございました。こどもたちの作品から、日々の楽しんでいる姿やこどもたちの溢れんばかりの思い、エネルギーなど何かを感じていただけたらうれしいです。

最後になりましたが、毎日の生活を始め作品展前日のご協力等、保護者の皆さまのご理解に感謝いたしております。今後ともよろしくお願いいたします。

ここからは各クラスの作品や作品展当日の様子をお伝えいたします。

<みどりぐみ>

みどりぐみの作品は、ぎゅうっと握ったりつんっとつついたり、びよーんと伸ばしたり穴にころんと入れたり、毎日のこどもたちのあそんでいる姿からこんなことできるかな?あんなこともできそうかな?と小さなあそびをたくさん積み重ねてひとつのすてきな作品ができあがります。また好きなように好きなだけダイナミックに表現できるあそびからできあがっている作品もあります。こどもたち一人ひとりのちいさなかわいい手や夢中になっているあそんでいる様子が伝わればいいなと思います。当日は作った作品で遊べる小さなコーナーも作り、ご家族で楽しんでいただきました。(みどりぐみ)

<しろ2くみ>

春からの作品、写真を見て「懐かしいね」と嬉しそうに見てくれるお母さんたちを、子どもがニッコリ笑って見ている姿が印象的でした。子どもたちは自分の作品、写真だけじゃなく、ともだちの写真も「○○ちゃん!」と見つけてお家の方に紹介していました。(しろ2くみ)

<しろ1くみ>

夏の集いで行った「でんしゃにのって」をテーマに電車や動物、森、駅の看板を作りました。可愛い駅長さんもお出迎えしているのがお分かりになりましたか?

他、春から今まで作ってきたこいのぼりやしずく、とんぼなどしろ1くみの空間が賑やかになりました。

春に作ったこいのぼりを見つけて「これ!」とお母さんに教えてくれていた子もいました。自分の作品をしっかり覚えてくれていたようです。子どもたちが楽しんで作ってきた思いが伝わってきたことと思います。

また、これまで描いてきた描画の中から1人1点選び、しろ1くみのテラスに勢ぞろいしました。(しろ1くみ)

<あか1くみ>

いつもと違う部屋の雰囲気にわくわくしながらあか1くみの部屋へ入ってくる子どもたちでした。自分の絵や作品を家族に見てもらうのは、ちょっぴり恥ずかしくて照れながら“ぼく、わたしのはこれだよ”と紹介していた姿がとてもかわいかったです。じっくり時間をかけて作ったお弁当は、包みを子どもたちがほどいて、家族に中身を披露していた姿がとてもかわいく、ご家族みんなで腰をおろして一緒に見られている雰囲気がとてもあたたかく素敵でした。(あか1くみ)

<あか2くみ>

夏の集いのとき、みんなで変身するため使ったちょうちょの羽は、見るたび懐かしさが込み上げてくるようでした。また、あおむしの食べ物をみて、歌を歌ったり踊ったりして見せてくれる姿もありました。

運動会で登場したわにくんは、あかぐみの子どもたちだけからではなく、みんなから人気者でした。大きな口にごはんをいれてあげ、歯を磨いてあげ・・・と、いっぱい遊んでもらっていました。

どこにあるかな・・・と作品を探す、ご家族の姿もとても素敵でした。(あか2くみ)

<しいのみ>

しいのみぐみは、共同製作の恐竜『しいのみラプトル』が大人気でした。しいのみを見に来てくれた子どもたちが次々にラプトルのお腹から入り込み、首の部分から滑り台を滑って夢中で遊ぶ姿が見られました。ラプトルを作ったしいのみぐみの子どもたちも「みんながあそんでくれてうれしい」と大満足の様子でした。

また、『びーだまころがしのおもちゃ』も誇らしげにお母さんに見せて、実際にビー玉を転がして楽しそうに遊ぶ姿も見られました。他にも『てんと』や『ふね』の製作、『春夏秋の木』などを自慢げに紹介する子どもたちの様子もかわいかったです。

パワーあふれるしいのみぐみらしい作品展となりとても良かったです。(しいのみ)

<くりのみ>

くりのみぐみでは、みんなでつくった“まじょのいえ”が大人気でした。たくさんの子どもたちが来て、中でごっこあそびを展開していました。とても楽しそうで嬉しかったです。個人製作の“ぼくのわたしのせかい”では、子どもたちが一所懸命に心の中にある大好きな世界を作り出した作品に、「すごいな」「頑張ってつくったね」「素敵!」と、たくさんの温かい声を聞かせていただき、子どもたちの嬉しそうな笑顔が溢れていました。(くりのみ)

<さくらんぼ>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入口では大きな看板と妖精、小人たちが待ち受けていて、中にはきれいでたいせつにする気持ちを大切に作った作品が飾られていました。奥の大きな家では早速あそぶ子どもや隣の土と木のエリアで虫の中にラキューでつくられた虫を見つけて「あっ」と驚いている子もいました。妖精や小人はどことなく作った子どもに似ていて記念撮影もしていました。(さくらんぼ)

<びわのみ>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前日から、作品展を楽しみにしていた子どもたちです。部屋に入ってくると「これ私の!」と紹介する姿も見られたり、実際に作品に触れて親子で遊ぶ姿も見られたりと温かい雰囲気でした。

どの作品もじっくりと丁寧に時間をかけて作っていた子どもたちです。「せんせい、今日も続きしていい?」と何日かにわたって取り組んでいた子どもや、「作ったもので遊んでいい?」と仕上がったもので遊ぶ姿も見られました。(びわのみ)

以上、いわやこどもえんアカンパニのこどもたちの作品展でした。こどもたちは今日も生活の中でいろいろな作品を作り続けています。