岩屋こども園アカンパニのブログです。保育レポートは毎日更新!日々の楽しい遊びや活動の様子をお伝えします。

岩屋こども園“アカンパニ”ってナニ?

雨がやんでいるうちに


 今日は朝から霧雨が降ったりやんだりとする空模様ですね。雨がやんでいるうちにグラウンドへ遊びに行ったものの、またすぐに「せんせー、雨降ってきた!」との声が。また部屋に帰ってしまうのもなんだか勿体ないので、グラウンドの木の下の雨が当たらない所で遊びました。

三輪車の二人乗りをする女の子たち。「せんせー、見て!ピッタリ!」と三輪車にまたがってハイ、チーズ!小さい三輪車にうまく2人の体がすっぽりとおさまり、「(ピッタリ)はいっちゃったなぁ」と、おかしくて笑い合っていました。

「きてー!ミミズいたー!」とみんなが注目する先には、ミミズを囲むように小さなアリがたくさん集まっていました。「おうちに運ぶんかな?」、「え、ちがうで。食べてるんちゃう?」、「えー!どうしよ!こわ~」と、生き物の弱肉強食の世界を目の当たりにして、話に盛り上がる子どもたちでした。

雨も上がってきて、こちらでは石垣に向かって「いたで!そこそこ!」と木の棒を持って何かを捕まえようとしていました。”そんなに大きな虫でも見つけたのかな”と思って見に行くと、そこいたのは小さな小さなダンゴ虫。「あれ?どこいった?」、「ここ、ここ!」、「あ、いた!…いなくなった」とダンゴ虫が小さすぎてたびたび見失いながらも、真剣な表情で追いかけているのが可愛らしかったです。

一方こちらでは、「見て、ダンゴ虫。あっちにいっぱいいたで~」と、にっこりの女の子。さっきまでの真剣な2人のやりとりがあった後に、簡単に捕まえられた女の子に出会い、ダンゴ虫探しにもいろんなエピソードがあるんだなと面白かったです。

 

雨がまた降ってきたのでグラウンド遊びを早めに切り上げ、少し早めの給食となりました。また、雨の時期ならではの出会いを求めて、雨降り散歩にも出掛けられたらいいなと考えています。すっきりしない空模様が今後も続きそうですが、今週も元気に過ごせますように。

 

投稿者:しいのみ 山本