岩屋こども園アカンパニのブログです。保育レポートは毎日更新!日々の楽しい遊びや活動の様子をお伝えします。

岩屋こども園“アカンパニ”ってナニ?

『真夜中のお客さま』~オペレッタごっこより~


絵本『どうぞのいす』という香山美子さん作の可愛いお話があります。そのお話を原作に岩屋こども園アカンパニオリジナルオペレッタ『真夜中のお客さま』というオペレッタがあります。

あか1くみの子どもたちは、この『真夜中のお客さま』のお話が大好きです。

お話は・・・アカンパニの園庭には『どうぞのいす』と『ありがとうのいす』があります。夕方園庭で遊んでいる子どもたちがお迎えの前に、園庭で収穫できた(実際、収穫できます)キウイを、どうぞのいすに置いておきました。すると、真夜中に、シカやサルやイノシシがやって来て、キウイを喜んで食べ、そのお返しに山で採れた素敵な実を、ありがとうのいすに置いておいてくれました。何日かそんな子どもたちと動物とのやりとりが続く、ファンタジー溢れたお話です。

だったら、私たちも『どうぞのいす』と『ありがとうのいす』を作ってみようよ!ということになりました。

完成~♫

園庭の裏側に設置しておこうね。「よいしょ、よいしょ」

秋に拾っておいたどんぐりの実やキウイを置いておいてあげましょう。

「動物さんたち今夜来てくれるかな~?」

昨年末、子どもたちから山の動物さんへお手紙を届けた願いも叶い・・・

翌日の朝、園庭の裏側を見に行くと

動物さんたちが来てくれたようです。そして、どうぞのいすに置いておいたキウイがなくなっており、

山ぶどうやピザや素敵な実のお返しが置いてありました。

「やった~!動物さんたち夜に来てくれたんだね」

大喜びの子どもたちは次の日もキウイを置いておきました。今夜も動物さんたち来てくれるといいねと帰園した子どもたち。

そして翌日の朝、見に行くと・・・ありました~!

「今日は山ぶどうのジュースをお返しに置いてくれたんだね。うれしいな」

こんな動物さんとのやりとりを毎日毎日楽しんでいます。

オペレッタでは物語とともに可愛いお遊戯があります。子どもたちはお遊戯が大好きで、音楽が流れると自然と寄り集まり、みんなが笑顔になり、歌いながら踊っています。

お話の世界をこれからもっともっと深めて楽しみたいです。

さて、こちらは先週の通報訓練のときにやって来た、消防車と一緒に記念撮影です。

投稿*杉浦’(あか1くみ)