岩屋こども園アカンパニのブログです。保育レポートは毎日更新!日々の楽しい遊びや活動の様子をお伝えします。

岩屋こども園“アカンパニ”ってナニ?

夏バテに効く食べ物のお話


厨房の小山です。

梅雨があけてセミのミンミン鳴く声がよく聞こえてくるようになり、いよいよ夏本番となりました。これからだんだん暑さも厳しくなっていくので、今回は夏バテに効く食べ物を紹介します。

【夏バテ予防に効く食べ物】

・ビタミンCを含む食べ物(トマト、ゴーヤー、アスパラガス、かぼちゃなどの夏野菜)

暑さや睡眠不足によってストレスを感じると、ビタミンCが消費されます。ビタミンCを補給するとストレスが軽くなり、自律神経が安定します。また、免疫力を高めて風邪をひきにくくする効果もあります。

 

・ムチンを含む食べ物(納豆、やまいも、オクラなどのネバネバ食材)

ネバネバ成分のムチンは、暑さなどのストレスで弱った胃腸の粘膜を保護してくれます。また、たんぱく質の吸収をよくする働きもあります。

 

・香辛料(わさび、こしょう、にんにく、とうがらし、みょうが、しそ、カレーライスなど)

暑さが厳しくて食欲がないときでも、香辛料の刺激によって胃腸が働くため、食欲の減退を防ぐことができます。

 

【夏バテ解消、疲労回復効果のある食べ物】

・ビタミンB1を含む食べ物(うなぎ、豚肉、鯛、ぶり、大豆、玄米、ほうれん草など)

ビタミンB1が不足すると、ブドウ糖はエネルギーに変わらず、疲労物質の乳酸となって夏バテを起こします。そのため、ビタミンB1を含む食材を積極的に摂り、エネルギーの代謝をよくしましょう。

 

・アリシンを含む食べ物(にんにく、ニラ、ねぎ、玉ねぎなど)

アリシンには、ビタミンB1を吸収しやすくするほか、ビタミンB1の効果を持続する働きがあります。

 

・クエン酸を含む食べ物(レモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干しなど)

疲労物質である乳酸を分解し、体の外に排出する働きがあります。

 

・ナイアシンを含む食べ物(豚レバー、たらこ、あじ、さばなど)

ナイアシンは、ビタミンB1と同様に、疲労回復効果がある栄養素。ほかにも、脳のホルモンであるセロトニンの原料になります。体内でナイアシンが足りなくなると、慢性的に疲労を感じたり、精神的に不安定になることもあります。